首の整体

息子がぎっくり腰に

昨夜仕事から帰宅しますと、中学生の息子がソファに寝ていました。

部活が始まる頃に強い腰痛になってしまったとのことでした。

私の仕事が仕事ですので、見ることになります。

息子に寝てもらい、からだ全体のバランスを見ていきます。

足の長さが左右でまったく違いました。

これは先天性(生まれつき)のものでなければ、骨盤の高さが左右違うことが考えられます。

骨盤もやはり高さが違いました。左が後方にねじれています。

骨盤はズレるのか?という問題がありますが

答えは、骨盤は大きくはズレません。

構造的にわずかにしか骨盤はズレないのです。ではなぜ歪んでいるのでしょう。

それは、背骨がカーブすることで骨盤の高さが変わるのです。

背骨のカーブは首のズレから起こります。

頭のすぐ下にある頚椎だけは、背骨で唯一ズレる可能性がある構造なのです。

息子の首を触診すると、やはり大きくズレていました。

その後、頚椎の調整を行い、10分ほど寝かせますと

足の長さはほぼ左右同じになりました。背骨のカーブがとれたのでしょう。

ぎっくり腰の場合は、調整後20分ほど歩くことで回復が早まります。

息子には家の周りを散歩してきてもらいました。

家族全員に確認してもらっていましたが、調整前は前屈が少しもできない状態でしたが

散歩から帰ってきたときには前屈できるようになりました。

これで一晩寝るとまた改善します。朝確認したところ痛みは半減していたようで安心しました。

実は、首の調整は腰痛に効果があります。からだ全体の歪みが取れるからです。

息子が腰痛になった原因は、ゲームなどをやる姿勢が悪かったことです。

長時間スマホやゲームを悪い姿勢で行うと首がズレてしまいます。

スマホの普及をみると、子供だけではなく、大人はもっと多いかもしれません。

首のズレはからだのバランスを崩します。

そのままでいると強い症状になっていきます。早い段階での調整が必要です。

首のズレはかなり前に起こっているケースがほとんどです。

症状がなくても、首のズレ、からだの歪みを調整することは、予防のためには必要ですね。

日々のメンテナンスにも有効ですので、お気軽にお越しください。

お問い合わせは かとう接骨院ホームページから